FC2ブログ

高橋 made in 奥多摩

 

ショルダーバッグ完成

R0011976.jpg
ショルダーバッグが完成。

一見同じ様に見えますが、ステッチや裏地、オプション等、実は微妙に違うんです。

今回の革は、気持ち厚めでハリの在るロットでした。バッグには良いと思います。
明日、ベルトを縫って納品します。

発送が終わったら、あとはリニューアルオープンに向けてサンプル製作や看板等を造りたいと思います。



レザーパンツZIP交換



バッグ製作の合間を縫って、パンツのフロントZIP交換をしました。
YKK製の、このZIPは比較的強いのですが、チェーンが1ヶ飛んでいます。




R0011967.jpg
前立ての持ち出しと天狗を外して、ZIPを含め新品に交換です。




R0011970.jpg
キレイに交換できました。




ZIPPERの取り扱いについて

修理で一番多いのがZIPの差し込み側の切れと、スライダー交換なので、今日は少しでも長くご使用頂ける様に、簡単にご説明致します。



画像左は新品のスライダーで、差し込み側もきれいに平行な状態です。
右が数年間使用したモノで、ご覧の様に差し込み側が【ハの字】に開いています。この状態になると、上まで閉めても、チェーンが下から開いてきてしまう症状になります。
出先等での緊急対策として、プライヤー等でハの字を平行な状態に戻すと、きれいに閉まりますが、一時的な対応なので、交換した方が良いでしょう。





zip2.png
差し込み側のテープ切れの一番の原因は、画像の様な状態で無理にスライダーを上げようとすると、テープにダメージが蓄積され切れてきます。(特に新品のジャケット等、革がまだ堅い状態の時。)
また、スライダーも無理な力が掛かるので、ハの字に開いてきてしまいます。




zip3.png
スライダーが最下部までキッチリ降りきっている事を確認後、差し込み側をチェーンに沿って、真上に引き上げるのが、ベストな閉め方だと思います。

工業製品なので、個体ごとに癖が有ります。ジャケット製作の際、弊社にてバリを取ってはいますが、最初は着用せず、ジャケットを置いた状態でキッチリハメて上下に慣らしをして、細かなバリ等を取った方が、長く使用できると思います。



ジャケット製作工程

新装開店に向け、ポリスマンジャケットのサイズサンプルを製作しているので、ジャケットの製作工程を簡単にご紹介したいと思います。



まずは裁断から始まります。判り難いですが、手前が牛の背通り側(奥側が腹)なので、身頃等の重要パーツを背通りで裁断して行きます。





R0011922.jpg
ポリスマンジャケット1着分のパーツ群。今回は黒×白の2トーンで製作します。白パーツは裏襟・アクションプリーツ奥・ポケット玉縁・脇マチ・袖口マチ・内ポケ玉縁。この位の2トーンがオススメです。





R0011924.jpg
ジャケットは1.5ミリ厚の革で製作しているので、何枚も重なる部分に、漉き(スキ)を入れます。
漉きを入れないと製作上、厚過ぎて縫えなかったり、着用した際、ゴワゴワして不快な着心地になるのを防ぐ為です。





R0011925.jpg
漉く幅や厚は部位により異なります。





R0011928.jpg
革のパーツが出来上がりました。衿・前身頃左右・後身頃・袖左右。





R0011930.jpg
そして、裏地の各パーツも完成。
裁断からここまで1日の作業です。






R0911931.jpg
写真を撮り忘れましたが、革の袖に裏地の袖を縫い付け、袖と革の身頃を縫い合わせ、裏地の身頃を革の身頃と縫い合わせたモノがコレです。
ここまでが、結構大変で半日仕事です。





R0011932.jpg
その後、ひっくり返して叩きます。実はミシンで縫う作業より、叩いている時間の方が長いと思います。
アメリカ等ではレザージャケットビルダーと言われるそうですが、叩く作業が多い所が所以なのでしょうか?




R0011933.jpg
最後にZIPを合わせ、ステッチをして完成です。
最後のステッチで失敗すると、かなり凹みます。かなり.....




R0011936.jpg
せっかくのサンプルなので、背面PAD仕様にしてみました。
黒革にベージュステッチが、最近気に入っています。

大雑把ではありますが、大体こんな感じで製作しております。



ライダースジャケット・修理

今日はジャケット修理の実例をご紹介します。

ご購入頂いてから、ほぼ毎日着ているお客様のジャケットの脇下マチの交換とZIP交換を施しました。


左脇マチの地縫いが切れて、パックリと口が開いていました。今回は革も少し切れていたので、マチごと新たに縫い直しました。



R0011843.jpg
右脇は一見大丈夫そうでしたが、よくよく見ると2目程、地縫いが切れていたので、ご相談の上、こちらも新品に交換しました。


R0011844.jpg
ZIPの差し込み側は使用に伴い、必ず切れてきます。ここまで切れると交換が良いでしょう。
ヘビーユーザーのお客様なので、スライダー側も新品に交換しました。


R0011850.jpg
革のヤレ具合・雰囲気も◎です。


R0011849.jpg
まだまだ、これからガンガン着て頂けると思います。
ギリギリになってしまいましたが、年内出荷したいと思います。





ステッチ色


     ブラック:黒st・白st              ホワイト:黒st・白st



R0011649.jpg
     ブラック:茶st・ベージュst          ホワイト:茶st・ベージュst



R0011648.jpg
    ダークブラウン:黒st・白st          ライトブラウン:黒st・白st



R0011650.jpg
    ダークブラウン:茶st・ベージュst      ライトブラウン:茶st・ベージュst

※ ステッチ色の変更によるチャージアップはありません。




ホームページ
ようこそ
巨樹と清流のまち、奥多摩にて主に皮革製品の製造を行っています。
一人で製作している為、ご迷惑をお掛けする場合もあるかと思いますが、誠実な対応を心がけて参ります。
★ご購入はホームページよりお願い致します。 ↑《ここをクリック》↑をクリックしてお入り下さい。

takahashi

Author:takahashi
営業時間:10:00〜17:00
営業日:予約制
PHS:070-5557-7617
Google Map.

奥多摩天気
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
ご注文・お問合せ:
内容:

Yahoo オークション
出品中の商品はこちら
在庫はヤフオクに出展しています。
出品が無い時、在庫は有りません。
Japanese → English
検索フォーム
QRコード
QR
WELCOME

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12